雨量計の種類としくみについて

雨量計とは、雨の量をはかる機器です。二つの種類があり、貯水型と転倒ます型とがあります。貯水型はさらに、貯水型指示と呼ばれるものと、貯水型自記と呼ばれるものに分かれます。貯水型指示計は、取り扱いが簡単ですが、雨量ますの容量がいっぱいになるとそれ以上は観測を続けることができなくなってしまうので、有人観測の必要があります。対して、貯水型自記計は、自動で長期間の連続観測が可能です。降水が貯水槽に一定量溜まるごとに排水するしくみが備わっているためです。一方、転倒ます型は、日本の気象庁など公的機関で主に使われている雨量計です。そのしくみは、日本庭園でよく見られる「ししおどし」のようになっています。内部に、二つの容器とその間にシーソーがあり、一方の容器に雨水が溜まるとシーソーが転倒してもう一方の容器に水が移動します。この転倒した回数を数えることによって雨量をはかるというしくみです。

雨量計の種類と特徴について

雨量計とは、降水量を図る機器です。基本的な測定の仕方は、漏斗型の受水機(直径20cmぐらい)を用いて降水を機器の中に導き、その量を量ることで降水量を求めます。寒冷地などでは、雪などに対応するためにヒーターを備えているものもあります。雨量計は、大まかに分類すると「貯水型」と「転倒ます型式」があります。貯水型には、雨量を目視で確認する貯水型支持とゼンマイなどの動力で記録できる貯水型自記があります。貯水型支持は容量の限界を超えるとそれ以上は図れなくなるので有人観察が前提となります。また、転倒ます型式は、シーソーのような構造になっており、一定量たまると転倒し逆の升にたまるという動きを繰り返し1時間あたりにどのくらい繰り返すかによって雨量を図ります。長時間の観測や遠隔地操作が可能なため、現在公的機関で主力として利用されています。

防災意識を高める意味でも雨量計は効果的です

一般家庭で雨量計が必要となることなどまず無いと思うかもしれませんが、実際には今どれくらい雨が降っているのか知りたくなる時があります。特に昨今のように急な土砂降りがごく限定的な地域であったりすると、大雑把な地域予報では危険性が把握しきれないことがあるのは確かです。そんな時個人宅に雨量計があれば危険性が察知できるし、それが家族の命を守ることにもつながるでしょう。もちろん地域の防災は公的なところが中心になって行うのが理想ですが、それでは間に合わないことが多々あるのは事実だし、川の氾濫の映像などはすべての人が一度は見たことがあるはずです。そういった自然災害に対する備えをすべて他人任せにするのは大きな問題ではないでしょうか。それよりはたとえ出来ることはわずかでも個人で出来る防災対策はきちんとやるべきだし、雨量計を個人で設置することが普段の防災意識を高めることにもつながるでしょう。

地球温暖化やエコを考えることにも、気象グッズは貢献します。 気象グッズの販売は株式会社フィールドジョイへ! 土壌水分計は、農業や園芸の分野で活用されています。 土壌水分計には、持ち運びが出来るタイプのあるので、移動しながら数値を測ることも出来ます。 温室やビニールハウスは、気象観測グッズを活用することでこまめな管理ができ省エネ効果も上がります。 雨量計をお探しなら気象観測アシストに